【夫婦で育休を検討している方は必ず読んでください】夫婦で育休を取って困ったこと

妊娠・出産




夫婦で育休を取って2ヶ月が経とうとしています。
夫も取るだけ育休ではなく、家事も育児もしっかりこなしてくれて、二人で育休を取って本当によったと思っています。

ただし、ひとつだけ二人で育休を取ったことによるデメリットがあります。
それは産休や育休の手当がなかなか入らないことです。

日本の育休の制度はかなり手厚く、育休を取っても給料の約2/3程度の手当があり、社会保険料が免除されるから、そこまで家計のダメージはないと言われています。
それはある意味正確な情報なのですが、その手当がいつ振り込まれるかは確認していなかったため、口座の残高がどんどん減っていくことに不安を感じています。

本当に振り込まれるのか不安になり、調べてみました。
産休・育休期間と金額を計算

妻:産前産後休暇終了後に手続きするため、出産から3〜4ヶ月かかる
最後の給料日(私の場合は有給消化6日分)から4〜5ヶ月は収入がない

夫:育休開始から2ヶ月給料が払われてない状態の給与明細が発行されてから手続きするため、3〜4ヶ月かかる
夫は出産翌日から3日間は特別休暇でその翌日から育休スタートし、最後の給料日は約10日分の給料のみで、そこから4ヶ月は収入がない。

二人目妊娠·出産による収入減少に備えて貯蓄もしていましたが、コロナによる収入減少もあり妊娠発覚後は全く貯蓄は増えておらずやや減少しておりました。

特に春は固定資産税に自動車税の支払いのタイミングでもあり、出費が続きます。

4月下旬に出産して、順調に手続が進んでも8月頃まで収入がない状態になるので、それまでに支払いが発生するものに対してお金が足りるのか計算するとかなりギリギリになりそうです。

現在の制度では夫婦で育休を取るなら、生活費半年分程度の貯蓄がないと厳しいことがわかりました。
お金が心配で育休をためらう方もいるのは、こういうところだったんですね。

次回、収入がない約5ヶ月をどうやりくりするか書きたいと思います。