竹内將人(まさと)ハーフの噂は本当?英語ペラペラの理由や経歴プロフィールを調査!

竹内將人(まさと)ハーフの噂は本当?英語ペラペラの理由や経歴プロフィールを調査!イメージ画像 エンタメ

ミュージカルの告知やNHK[Eテレ]の語学番組で目にする竹内將人(まさと)さん。

英語がすごく上手でお顔立ちもハッキリしているので日本人ではないのかなと気になります。

 

そこで今回は、竹内將人(まさと)さんについて、

  • ハーフの噂は本当?
  • 英語ペラペラの理由や経歴プロフィール

を調査しました!

 

これを読めば気になっていたことがスッキリするかもしれません。

早速見ていきましょう!

竹内將人(まさと)ハーフの噂は本当?

竹内將人(まさと)さんのハーフの噂は本当なのか調査したところ、ハーフであるという情報は確認できませんでしたが、国籍は日本、出生地は福岡県であることがわかりました。

九州や沖縄出身の方は顔立ちがハッキリしていて、ハーフと間違えられる方も多いのでそのように噂されていると考えられます。

また、ご両親の国籍は不明ですが、わかっていることは「幼少期に劇団ひまわりに入ることを勧めた」「進学するなら日本一の大学を目指せと助言した」ということです。

要所要所で的確なアドバイスをしてくれる素敵なご両親なのですね。

このポスター画像の竹内將人(まさと)さんは特にハーフと間違えそうなお顔立ちに見えます↓

また、新しい情報が見つかりましたら更新していきます。

竹内將人(まさと)が英語ペラペラの理由や経歴プロフィール

竹内將人(まさと)さんが英語ペラペラの理由や経歴プロフィールを調査しました。

英語ペラペラの理由は?

竹内將人(まさと)さんが英語ペラペラの理由は、大学卒業後にニューヨークに語学留学し、その後渡英し、1年間英国の大学に通っていたからです。

大学時代から受け続けていた『レ・ミゼラブル』のオーディションで英国のスタッフとたくさんお話をさせていただいて、彼らの話を直接くみ取れないのはダメだなと思い語学留学を決意したと語っておりました。

留学の成果を活かした英語歌詞の解説動画がアップされていました↓

やはり発音が美しく、解説もわかりやすいですね。

 

「リトルマーメイド」で共演されたメンバーでリモート四重奏の動画もあります↓

声楽も語学も学ばれてきただけあり、歌声も素晴らしいですね。

 

得意な英語を活かしてNHK[Eテレ]の語学番組『キソ英語を学んでみたら世界とつながった』にも出演しています↓

ミュージカル俳優さんで語学番組に出演し、しかもこれから勉強する側ではないって人はなかなかいませんよね。

竹内將人(まさと)さんだから成り立つ番組です。

経歴プロフィール

竹内將人(まさと)さんのこれまでの経歴とプロフィールを紹介します。

幼少期

1997年、竹内將人(まさと)さんが3歳の頃に両親がコミュニケーション力を養うため劇団ひまわり福岡に入所させました。

そして主に博多座で子役として出演し、歌舞伎から現代劇、喜劇と幅広いジャンルの舞台に出演していました。

2007年夏、中学1年生で劇団四季『ライオンキング』のオーディションに参加し、2008年1月6日に福岡公演(第2期)の開幕キャストとしてヤング・シンバ役で出演します。

しかし、開幕2か月頃から声変わりが始まり、3か月で卒業し、中学・高校時代はバスケットに熱中していました。

幼少期の出演作品はこちらです↓

  • 細雪(2003年、博多座)
  • 西太后(2004年6月2日 – 24日、博多座)
  • 助六(博多座)
  • おもろい女(2006年、博多座)
  • 劇団四季『ライオンキング』福岡公演(2008年1月6日 – 4月、福岡シティー劇場)ヤングシンバ 役
  • 博多座開場10周年記念 博多座陽春特別公演『三次とお玉の恋物語』(2009年4月1日 – 25日、博多座)多助 役
  • 劇団ひまわり夏の本公演『ロミオとジュリエット』福岡公演(2009年)主演・ロミオ 役 

青年期~現在

高校2年生でまた舞台に戻りたくなった竹内將人(まさと)さんは東京藝術大学へ進学し、声楽を学びます。

在学中はオペラ歌手にも興味を持ちながらも、2015年、大学3年生の時に帝国劇場で開催された『レ・ミゼラブル』のどじまん・思い出じまん大会に出場し、読売新聞社賞を受賞しました。

その当時の動画です↓

これがきっかけで現在所属するキューブに入所し、その後は『レ・ミゼラブル』のオーディションも受け続けます。

その際に、イギリスのスタッフの話を直接くみ取れないのはダメだと考え、語学留学を決意しニューヨークで3か月間英語を学びました。

その後は渡英し、約3か月個人レッスンを積み、英国王立音楽院ミュージカル科へ進学し1年間歌える曲のバリエーションを増やしていきました。

卒業し帰国してからは、ミュージカルを中心に活躍します。

大学卒業以降の出演作品はこちらです↓

  • ミュージカル『メリリー ウィー ロール アロング』(2018年、英国王立音楽院)チャーリー 役
  • ミュージカル『ハロー アゲイン』(2018年、英国王立音楽院)若い男 役
  • ミュージカル『シティー オブ エンジェルズ』(2019年、英国王立音楽院)ジミー・パワー 役
  • 二人芝居『Misao & Eitaro』(2019年11月4日 – 5日、Drayton Arms 劇場)Misao 役
  • ミュージカル『アナスタシア』(2020年3月1日 – 28日:東急シアターオーブ、4月6日 – 18日: 梅田芸術劇場メインホール)イポリトフ伯爵 役(一部公演のみ)
  • ミュージカル『レ・ミゼラブル』(2021年5月21日 – 7月26日:帝国劇場、8月4日 – 28日: 博多座、9月6日 – 16日: フェスティバルホール、28日 – 10月4日: まつもと市民芸術館)マリウス 役
  • BROADWAY MUSICAL LIVE 2021(2021年11月13日-14日、東京建物 Brillia HAL)
  • ミュージカル『GREY』(2021年12月16日‐26日、俳優座劇場)羽生金銀 役
  • ミュージカル『ピアフ』(2022年2月24日-3月18日:シアタークリエ、25日-28日:森ノ宮ピロティホール、4月1日-10日:博多座)
  • ミュージカル『ガイズ・アンド・ドールズ』(2022年6月9日-7月9日:帝国劇場、7月16日-29日:博多座) 

ロンドンに留学したウエンツ瑛士さんと舞台で共演したことも話題になっていましたね↓

その後も途切れることなく舞台に立ち続けており、今後も活躍が期待できそうです。

プロフィール

竹内將人(まさと)さんのプロフィールはこちらです↓

生年月日   1994年11月24日
身長     172cm
体重     57kg
靴      25.5cm
スリーサイズ B:91cm W:78cm H:94cm
趣味     ダンス、スケート、スノーボード
特技     バスケットボール
卒業     2017年 東京藝術大学、英国王立音楽院 (ロンドン)修士

参考:https://www.cubeinc.co.jp/archives/artist/takeuchimasato

学生時代に打ち込んだバスケットボールの他にもウインタースポーツやダンスも好きなのですね。

歌いながら大きく身体を動かして表現するミュージカル俳優さんになったのも自然な流れのように感じます。

竹内將人(まさと)ハーフの噂は本当?英語ペラペラの理由や経歴プロフィールを調査!まとめ

日本人離れしたお顔立ちと、英語圏の人と間違えそうなくらい流暢な英語を話す竹内將人(まさと)さん。

ミュージカルで聞かせてくれる美声もとても魅力的ですね。

 

今回は、竹内將人(まさと)さんについて、

  • ハーフの噂は本当?
  • 英語ペラペラの理由や経歴プロフィール

を調査しました!

 

竹内將人(まさと)さんはハーフという情報はありませんでしたが、国籍関係なく幼少期から活躍し、今後も注目されることが期待される舞台俳優さんということがわかりました。

英語がペラペラなのは、ミュージカルのために留学してしっかり学んだからなのですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。